MARUMORI CULASTA

MENU

NEWS

2019-12-30

【まるまるまるもりプロジェクト|柴田北斗】

「今年の振り返りとチャンス」

2019年もあと数日ですね!
私の協力隊期間が2018年1月からスタートしているため、協力隊期間も2年目が終了しようとしています。

年末でもあり、協力隊の2年目の最後でもありますので
今年も振り返りと、来年度に向けた取り組みを考えたいと思います。
実は昨年末も同じように振り返りをしていました。
(昨年の記事はコチラ:http://marumori-startups.com/news/?p=986

上記、記事にもありますように、
着任の年だった2018年には、自分自身の修行も含め、様々な取り組みにチャレンジした【殻を破る】1年間でした。
それを踏まえて、2019年は方向性を定め、「行うこと」と「止めること」を整理し、向かうものに注力する1年とすることを目指しました。

“2019年は、「やってみよう」でチャレンジしたところからさらに1歩踏み出し、
「やりきる・形にする・深める」ことで、【成長する】1年にしたいと思います。”

1年目は興味の幅や取り組みの幅は拡大していたのですが、拡散している感覚があり、
2年目は『キャリア支援』ということにできるだけ絞った活動を行いました。

具体的には
4月からは丸森町の地域おこし協力隊のキャリアサポート事業ということで、
地域おこし協力隊の方々のキャリア構築をお手伝いする面談や研修づくりを行ってきました。
また、同様4月より仙台を中心として「キャリアモデル開発センター」という一人一人の理想とする生き方をともに考えていくサービスの立ち上げを行ってまいりました。

協力隊研修にて石巻を訪問

どちらも順調に進んでいるところもありますが、まだできることはあるよなぁと反省もあり。。。
自分自身のやりきる部分、突き詰める部分に弱さを感じています。

今出ている課題や反省も、実践し深めていく行動をとったからこそだと思いますので、
3年目を迎える来年は課題にもしっかりと取り組み、実をつけ【自立する】ための1年にしたいと思います。

また、自立に向けて活動する中でも
より自分自身の知見を広げ、深めるためのインプットの時間をしっかり確保していきたいと思います。
そこで得た新たなタネを大切にしながら3年目の2020年を楽しみたいと思います。

今年も私の目標宣言になってしまいました(笑)
引き続き、よろしくお願いいたします!

先輩協力隊メンバーの卒業式!素敵な笑顔!
一覧に戻る
ページTOPへ